2014年8月20日水曜日

MultiWii SE V2.5 に BlueTooth を接続なのだ!

MultiWii SE V2.5ボードに BlueTooth を接続し、MultiWiiプログラムのセッティング・モニターリングするPCの  MultiWiiConf.exe と通信できるようにするのだ。

ますは



な感じに接続する。

以上で、完了です。

あとはPCで BlueToothが使えるようにしペアリングし、シリアル通信サービスが使えるようにする設定するだけです。

何とも簡単なものです。

しかし、MultiWiiConf.exe アプリで接続しようとすると接続できない現象にみまわれました。

具体的には MultiWiiConf.exe 起動後に選択出来るはずのポート一覧に BlueTooth に連結したCOMポートが表示されないのである。

ここからが苦戦しました。一晩持ち越しの問題となりました。

以下、試行錯誤の上とった対策です。

私がPCで使用しているOSは Windows8.1 64ビット版で、MultiWiiConf.exeの64ビット版でした。

試行錯誤し原因を調べてみるとMultiWiiConf.exeの64ビット版と Windows8.1 64ビット版上で整えたBlureToothシリアル環境の相性が合わなかったことが原因のようです。

Windows環境で整えたBlureToothシリアル環境がMultiWiiConf.exeの64ビット版を起動するとBlureToothシリアル環境を壊してしまうようです。

そこで、対応としてMultiWiiConf.exeの32ビット版を使用してみるとこの問題は発生しませんでした。

このような現象にみわられた方は使用するMultiWiiConf.exeを64ビット版から32ビット版に変更してみてください。

MultiWiiConf.exeの32ビット版を使うには JDKの32ビット版も必要とされますので、こちらもご注意下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿